仕事について

2010年2月20日 (土)

仕事って難しい・・・

夕べ、預かってるKのお母さんと一悶着あった。

と言っても、メールであれこれやり取りしただけなのだけど。

Kの家庭はちょっと複雑で

Kはまだ一歳前なのに、お父さんとお母さんはもう別れている。

というか、

結婚してた訳じゃないので、離婚した訳でもない。

フランスでは、結婚せずに子供を作るカップルって多いし、

シングルママも多いので

別に珍しい事じゃないのだけど

Kの場合、まだ11ヶ月なので

何から何まで面倒を見る人が必要な訳で

でもパパもママも仕事をしているため

私が預かっているという訳だ。

でも、パパもママもまだ若いからか

儲けもいっぱいある訳でもなく

私が預かってるのは、ぎりぎりの週34時間だけ。

だからママの仕事の都合で迎えにこられないときは

ママの妹や弟が来たり

パパのママが来たりパパが来たり。

Kは週に何度かパパの実家にいってるし

週末は若い女の子がたまにベビーシッターをしてるようだし

しょっちゅう面倒を見る人が変わって

彼も混乱してるんじゃないかしら?

そんなKなのだけど。

お母さんの仕事の時間がとにかくしょっちゅう変わるので

私がKを預かる時間もしょっちゅう変わる。

去年の年末に

週に二日、夜7時半まで預かって欲しいと言われたときに話し合って

了承すれば時間はもう変わる事は無い

と言ったくせに

それからもころころと毎週のように変えてくれて

私の神経を逆撫でし続けて来た。

でも、それでも、彼らの事情もわかるので

昨日まで何も言わずにいた。

なのに夕べ

Kのパパからメールが来てもう我慢できなくなってしまったのだ。

それはもう3週間も前にもらっていた

来週Kを預かる時間の変更通知。

Kのママに私にメールをするように頼まれたらしい。

でもでも

こんなに急に変えるのはやめてくれって前にも言ったのに!!

しかも、

もう一年も前から預かってるQを毎朝公園に連れて行くので

Kを連れて来るのはQを公園に連れて行くギリギリの10時か

頑張って公園から帰って来れる11時にしてくれって言ったのに

来週の月曜日は10時半に連れてくるって書いてあるし!!

しかも夜7時半まで預かる日が3日もあるし!!

ていうか私

3週間前にもらった時間割を信じて

月曜の夜に医者に予約を入れてあるのに!!

もう堪忍袋がブチ切れて

「いい加減時間を変更するのはやめてくれ。

 前にくれた時間を守ってくれないと困る」

と返信メールを返したら。

Kのパパがママに連絡したらしく

ママからちょっとキレ気味のメールが・・・。

自分だって仕事の都合でどうしようもないんだから

断られても困る。

もうすぐ仕事を変えようと思ってるけど

それまではどうしようもない。

アナタ(つまり私)がそんなに困るようなら

他に新しいアシスタントマテルネル(子守り)を探しますから!!

って言う感じの文で。

・・・一体何様!?

私は条件の悪い彼らの時間割をのんで

無理してKを預かってあげてるのに

そこまで言われて黙ってられるか!!

と、契約を打ち切ってやるとカッカしてたら

Kのパパからメール。

「アナタの言い分はもっともだ。

 でも仕事の都合でどうしようもないんです。
 
 アナタの事は尊重してるし

 アナタには感謝もしています。

 急に変更した私たちが悪いのはわかっていますが

 どうか今回だけこの変更を了承してもらえませんか」

という内容。

・・・パパの方がよっぽど大人だな。

でも、私の雇い主はママの方なので

パパのメールで怒りが冷めた私は

ママの方に解決策として

週34時間を週40時間にしては?

とメールを送ったら

自分は25時間しか働いてないので

40時間の給料を払うのは無理、

というメールが返って来た。

・・・25時間しか働いてないの?

やっぱり、仕事変えた方がいいんじゃ。。。

でもこの不景気のご時世に

そうそう新しい理想的な仕事が見つかるとも思えないし。

・・・彼女も色々大変なんだろうな。

そう思ったらなんだか可哀想になって

結局来週の時間変更は引き受けてあげる事にした。

が、

そんな私に旦那が一言。

「そんな風に優しくしても

 もし彼女がもっと都合のいいアシスタントマテルネルを見つけたら

 すぐに乗り換えて裏切られるぞ」

・・・それは私も承知している。

これまで散々フランス人には裏切られてきたしな・・・。

なので、一応来週は勘弁してあげるけど

やはり彼女とは一度ちゃんと話し合う必要がありそうだ。

ママはその後、

キレ気味のメールを送った事を反省したのか

「Kはアナタになついてるし、アナタを信頼してるので
 
 出来れば変えたくはない」

とメールをよこした。

・・・そのメールが無かったら

今日、書留で契約解約の手紙を送るところだったわ。

でもま、

私も今、この仕事を無くしたら困る事がある。

もし今のアパートが売れて

新しいアパートを買うときに

借金できなくなるのは多いに困るのだ。

ま、そんな訳で

まだ当分はKを預かる日々は続きそう。

Qは9月から幼稚園に通うので

そろそろ9月から預かる赤ちゃんを捜し始めないといけないけど

次は絶対に

私の条件である

“水曜以外で夜は18時まで”

を守ってくれるご両親を見つけなくては!!!!


blog ranking

 

 
 


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

大分ご無沙汰してしまった。。。

この夏は日本に帰ってました。

と言っても3週間だけですが。

日本にいる間は雨がよく降って、ちょっと残念でしたが

旦那も子供達も楽しんでくれたようでした。

さて、

今日は、私の仕事の事を書こうと思います。

私はアシスタントマテルネルという、子守りの仕事をしています。

自分の家で他人の子供を預かるという仕事です。

今年の3月から二人目の子供の面倒を見ていたんだけど

バカンス開けに来る予定のYはいつまでたってもやって来ず。

契約を打ち切るなら書留で手紙を送る事になっているのに

Yの両親はそれさえせず

いつまでたってもメールで「来週になったら連れて行きます」と言って来るだけ。

待っていてもらちがあかないので

私の方から契約を打ち切る手紙を送りつけてやりました。

はあ。

で、昨日から新しいKという7ヶ月の男の子を預かってます。

去年の9月から預かっているQと合わせて

二人の世話をしているという事です。

Qも男の子でもうすぐ2歳。

二人ともとても肉付きが良くて

抱っこするのが大変です。

早く言えばガタイがいいって言う事なんだけど。

本当は私としては

出来れば大人しくて細身の女の子が理想だったんだけど

私の募集を見て電話をかけて来るのは

いつも男の子のお母さんばっかり。

性別で選んでられないので

結局二人の男の子を預かる事になったんだけど。

でも、二人ともかわいいので

これで良かったかなあ、とも思います。

私が働きだした事もあり

近々このアパートを売りにだし

もっと大きなアパートに引っ越そうと思ってるんだけど

最近は、ニースでもあまりアパートが売れなくなっていて

それも難しいのかなあ・・・。

ひとまず

こうして働いて稼ぐ事が出来て

子供達が昼寝をしてるときはこんな風に自由にできるし

私の毎日はまず充実してます。

なんて書いてるうちにKのお母さんが迎えに来て

Kはご機嫌で帰って行きました。

今日はQのお迎えは彼のおばあさんで

お父さんが迎えに来る時よりちょっと早めに来てくれるのも嬉しい。

さてさて

Qが目を覚ますまでまだちょっと時間があるし

何をしようかな・・・?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

仕事初日。

今日から私の仕事が始まった。

と言っても、

今週一週間は私が預かる10ヶ月の男の子を慣れさせるために

例えば今日は、母親と一緒に1時間半くらい我が家にいただけだった。

まだうちの子供達の学校が始まってないため

息子も娘も一緒だったのだけど

もうね、

ぐったり・・・。

何がぐったりかと言うと

娘が焼きもちを焼いてその子(仮にKとする)に

「アンタなんか嫌いよ!!」

なんて言ったり

もっと驚いたのは

突然7歳の息子が泣き出した事。

理由を訊くと

焼きもちを焼いた娘を私がなだめてるのを見て

それに焼きもちを焼いたとの事。

彼に言わせると

赤ちゃんに焼きもちを焼いたのでは決して無いらしいけど

とっても怪しいと思っている私です。

ま、そんな事もあったけど

1時間くらい経った頃には

子供達もKの存在になんと無く慣れて来て

一緒にブロックで遊んだり本を見せたりしてくれたので

私も胸を撫で下ろしたのですが。

そのKはと言うと。

とてもたくましい赤ちゃんで

ちょっと前からハイハイするようになり

今日も狭い我が家を所狭しと這い回ってました。

お母さんはとってもいい人で

何でも私が都合のいいようにしてくれるので

心配していた両親との確執なんて物は

きっとないのではないかしら?

そうであって欲しいなあ。

10時半に彼らを見送った後

娘と息子の態度にぐったりとしていた私は

とにかく外に出たいと思い

子供達を連れて公園へ。

その後はお昼ご飯の用意が面倒になったので

夏休み最後だし

なんて自分に言い訳しながらマックへ。

今はこうして家に帰って来て

日記なんて書いてますが

本当は明日から始まる息子の学校の用意をしなくちゃならないのよね。

それに明日のKのための用意もあるし。

明日は2時間半ママ無しでKを預かる私。

ママがいない方が気を使わなくていいし

息子も学校へ行くので

今日ほど疲れる事は無いと思うけど

娘の態度が一番のネックかも。

・・・どうか問題なく過ごせますように!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

研修終了!

昨日で、10日間の研修が終わった。

と言っても

来週まだ消防署での研修が残ってるんだけど。

でも毎日往復3時間のバスはこれで終わったので

すごくホッとした。

最後の日だったし

あれこれ聞いておきたい事もあったので

いっぱい質問したら

周りの仏人女に

「今日はいっぱい喋るのね」

と笑われてしまった。

いつもは彼女達の勢いに押されて

ほとんど喋らない私だったしね。

実際、

自己主張が強い仏人女が14人も集まると

もの凄くかしましい。

先生の言葉を遮って

喋る事喋る事!!

でも始終笑いが絶えなくて

とても楽しい研修だった。

ずっと仏語に耳をすませて

集中して聞いてなくてはならなくて

神経が参りそうになったのは本当だけど。

来週、2日間の消防署の研修が終わったら

やっと働きだせるので本当にうれしい。

・・・私に子供を預けたいという人がいればの話だけど。

でも、実は

私の研修はまだまだ続くのだ。

仕事をしながら月に一度の研修を

あと10回こなさなければならない。

しかも、

この日は子供も預からないのに給料をもらえる。

もちろん私が預かる事になる子供の親が払うのだ。

法で決まっているのだから仕方ないけど

親としては納得いかない話だよね?

他にもいろいろ“アシスタントマテルネル”に有利な法があって

子供を預ける親御さんにしたら結構つらい物があるかも。

でもその分

プロフェッショナルな仕事をするように研修も受けたしね。

今日は、昨日の研修の終わりにもらった

証明書をPMIという機関に持って行こうと思う。

これで私の名前がリストに載る事になるのだ。

・・・ちょっとドキドキ。

blog ranking


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

研修一日目

今日は例の仕事の研修に行って来た。

例の仕事とは、「子守り」である。

フランスでは“アシスタントマテルネル”という。

子守りと言うと依頼主の家でするものという観念が強いが

このフランスで発展しつつある“アシスタントマテルネル”は

自分の家で子供を預かるという物だ。

もちろん子供の世話が中心になるが

子供が寝ている間は家事も出来るし

自分の子供の送り迎えも出来るので

この仕事に興味を持った私。

説明会に行って手続きを始めたのは去年の終わりだったが

やっと今日、10日間ある研修の一日目に行って来た。

本当なら私が住んでいるニースでも行われるこの研修。

でも3月の研修は通知が来たのが始まる3日前だったため

娘を預ける人が見つからず

結局4月のグラースでの研修の間

旦那に休みを取ってもらって行く事になってしまった。

ニースからグラースまでバスで1時間半・・・。

今朝は6時前に起きてお弁当を作り

6時40分に家を出て7時5分のバスに乗って行った。

来ていたメンバーはすべて女の人で全部で15人。

先生も女性で、

ま、色々細かい事を話してくれた。

が、

そこで話される事は外では口外しないようにと念を押されたので

ここでは書くのを控える事にしようと思う。

10日間のカリキュラムは

ベビーシッターをするために必要な事がすべて詰まっていて

とても勉強になりそうだ。

一番大変なのは

実は子供を預ける親達との関係だという事も教わり

なんとなく納得。

休み時間には数人のメンバーと色々話せたし

なかなか楽しい雰囲気でやって行けそうなのが良かった。

が・・・。

帰りのバスに乗って少し立って

何やらもの凄く気持ち悪くなり

今にも吐きそうになりながらニースまで帰って来た私。

・・・ずいぶん前に船酔いやらバス酔いやらやった記憶はあったが

こんな風になるのは本当に久しぶり。

・・・夕べよく眠れなくて寝不足だったからかしら?

帰り道で薬局によって酔い止めを買いました。

だってあと9日間バスに揺られなければならないし。

・・・どうか無事に研修がすみますように!!

blog ranking


| | コメント (4) | トラックバック (0)