フランス

2011年3月26日 (土)

流行ってます。

昨日の娘のマダニですが、

今朝、旦那が医者に連れて行った所

フランスでは感染しているマダニは稀だから

そんなに心配する事は無いらしい。

でも、もしもと言う事もあるから

もし、本当に、かまれた後が大きくなったり

娘が発熱したりした時は

又すぐに連れてくるように言われたそうです。

・・・まだすっかり安心は出来ないけど

まあ、問題はなさそうです。

ホッ。

 
 

さて、話は変わりますが、

これは何でしょう?
 
 

Photo
 
 
ちょっと前に「ホンマでっかTV」でも紹介していたので

知ってるかな?

そう、輪ゴムです。

アメリカでも流行ってるようですが

フランスでも流行中。

あまりにも流行ってるので

世界中で流行してる物だとばかり思ってたけど、

日本ではあまり知られてないようですね。

まあ、ただの輪ゴムだけど

色んな形があるので

うちの6歳の娘なんて大好きです。

去年のクリスマスにもリクエストされたし

(もちろんサンタさんにですが)

先月の誕生会に友達から貰ったりもしてました。

そういう訳で大量に持っているうちの娘、

こっそり幼稚園に持って行って

友達と交換なんてしてるみたい。

もちろん、先生に見つかると怒られるので

私にも黙ってこっそり持って行ってるようです。

「ダメだ」って言っても聞かないんだもの。

何度か先生にばれて取り上げられたらしいし

全部取り上げられれば、もうそういう遊びもしなくなるだろうと

最近ではあまりうるさく言わないでいます。

でも、本当に色んな物があって

暗闇で光る物もあるみたい。

でもね、所詮は輪ゴム。

ずっといじってると切れてしまったりと

案外もろい物のようです。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Br_decobanner_20110303045437_2

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

フランスへ留学する前に

今日、日本人の女の人がうちにホームステイに来た。

彼女は、実は、他の仏人家庭にいたのだけど

打ち解けられなくて、ステイ先を変える事にしたらしい。

その彼女、フランス語は初歩の初歩、

コミュニケーションを取れるほどではない。

実は、学校も、「全く聞き取れない」と言う理由で

「もう行きたくない」と言っている。

せっかく遠い日本から南仏に来たのに

来週の土曜日まで「ゆっくり過ごして帰る」のだそうだ。

でも、だからといってあちこち観光に行く訳でもなく

本当に近所をブラブラするくらいのつもりらしい。

・・・もったいない。

はるばる日本から十何時間も掛けてやって来たのに

目的であった学校も途中でやめて

ニースの町中を歩き回るだけで帰るなんて。。。

そんな彼女と今日話していて

本当に、つくづく思った私。

せっかくフランスに留学をしにくるのなら

絶対に日本である程度話せるようになってから来た方が良い。

そうすればホームステイ先で伝えたい事を伝えられるし

学校でも困らなくて済む。

第一、「フランスに行きさえすれば話せるようになる」なんて言う事は絶対にない。

もちろん、2年以上いるつもりなら

少しは話せるようにはなるだろうが

語学学校に2ヶ月通ったくらいでは

あいさつと自己紹介が出来れば良い方だ。

最近では、観光気分で一週間だけ学校に通う

なんて言う事も流行ってるらしいが、

それだって、フランス人家庭に滞在する際

結局何も話せなくて

意思疎通が出来ないままその家庭を後にする事になるみたいだし。

ま、観光できて、仏人家庭をちょっと覗き見するだけなら

それでかまわないのだろうけど。

でも、やっぱり、出来れば色々話したいよね?

だから、これからフランス留学しようと思っている人がいるなら

やっぱり仏語を日本で出来るだけやってくる方が良いと思う。

なんて事を

今日は色々考えた私でした。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
Br_decobanner_20110303045437_2

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

焼かれた王様

水曜日に、

用があってマセナ広場近くを歩いていたら

前日焼かれたはずの王様がまだそこにいた。

ニースのカーニバルはもう終わったはずで

本当なら、謝肉祭の最終日である火曜日に焼かれたはずの王様、

なんで焼かれてないの?

そんな疑問を、仕事から帰って来た旦那にぶつけてみると

「風が強かったから中止になったみたい」

ですと。

で、昨日、無事に焼かれたようです。
 
 
 

Photo
 
 
 
この新聞は、

毎朝無料で配られるもので、

私は毎日もらっている。

このために。
 
 
 
Photo_2
 
 
 
そう、数独です。

暇な時にせっせと頭を使ってる訳です。

おかげさまで,だいたいの物は

すぐに終わらせる事が出来るようになりました。

王様の話に戻りますが、

結局、昨日焼かれた王様、

焼かれると同時に花火もあがるようで

夕べは、ニース中に花火の爆音が響いておりました。

・・・カーニバルはもういいけど

焼かれる王様と花火は

一度くらいは見に行ってみたいな。。。
 
 
 
 
 
 
 
Br_decobanner_20110303045437_2

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

フランス子育て事情・・・

ちょっと前に、たけしの番組で

フランスの複雑な家庭環境が話題になってるのを見た。

実際、最近のフランスでは、結婚をしないカップルが普通で

結婚する方が珍しくなりつつある。

まあ、結婚しなくても、社会保障はちゃんとしてるので

結婚する事も無いか、と思う人が多いのかも。

私が預かってる二人の子供の親達も、やっぱり結婚していない。

Qのご両親は、二人で大きなアパルトマンを買って

二人でこれからの人生をやって行こうと前向きなようだが

Kのご両親は、もう別れてしまっている。

Kはまだ一歳2ヶ月だというのに・・・。

そして、つい最近、裁判で、

一週間ずつKを預かる事が決まったらしい。

今週、ママがKを預かったら

来週はパパがKの面倒を見るという事だ。

でもパパはまだ実家にいるので

実際に面倒を見ているのはパパのお母さんなのだが。

そして、彼らの間は、なんか上手くいってないらしく

先週なんて,ママが私に

パパの週は誰がKの送り迎えをしているのか、と質問して来て

正直に、パパのお母さんだ、と言ったら

「本来ならパパがやらなければいけないと裁判で決まっているのに!!」

とご立腹で

今週の連絡ノートには、ママからパパ宛に

Kがずっと具合が悪いから病院に連れて行け、行かないと裁判所に手紙を送る。

なんていう怖いメッセージが・・・。

私にも、木曜日に、パパがKを病院に連れて行ったか確認の電話をします、

なんて書いてあるし。

・・・直接パパに電話すれば?

それすら出来ないほど仲が悪いってこと?

今朝、Kを連れて来たパパのお母さんは

昨日、ちゃんとKを病院に連れて行ったと私に報告した後

Kが履いてる靴を指差して

「Kのママはこの靴しかアナタに渡してないの?

 こんな靴じゃKがちゃんと歩けないわ。

 今度ちゃんとしたのを買ってあげないと」

と愚痴モード。

・・・諍いは、私抜きにやってくれ!!

でも、考えたら、

Kを毎週預かってる私って

ママとかパパとか、ばあばよりも

Kと一緒にいる時間が多いかも。

最近、Kが私を見ながら「マンマンマンマン・・・」

と、いまにも「ママン」と呼びそうだし。

・・・なんか複雑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

四月の魚

Poisson1_3

今日は日本ではエープリルフールですが、

フランスでは“四月の魚”といいます。

世界各国共通なのか

フランスでも唯一嘘をついていい日みたい。

まあ、この歳になると別に

誰かをだまそうなんて言う気にはなりませんが。

それよりも私が面白いと思ったのは

息子を学校に連れて行く途中にあるチョコレート屋さん。

ここでは季節によって色んなチョコレートが並ぶのだけど

少し前から“四月の魚”チョコが姿を見せてました。

Pois2_2

このように色んな魚のチョコレートが。

ちなみに真ん中のチョコは「魚のフライ」チョコ。

手前にあるのは

Poi2

「ピエロの魚」チョコレート。

なかなか面白いですよねえ。

でも、私が一番笑ったのはこれ。

Pois3

なんと、

「イワシの缶詰」チョコレート。

・・・誰か買う人いるのかなあ?


blog ranking


| | コメント (4) | トラックバック (0)