« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

フランス子育て事情・・・

ちょっと前に、たけしの番組で

フランスの複雑な家庭環境が話題になってるのを見た。

実際、最近のフランスでは、結婚をしないカップルが普通で

結婚する方が珍しくなりつつある。

まあ、結婚しなくても、社会保障はちゃんとしてるので

結婚する事も無いか、と思う人が多いのかも。

私が預かってる二人の子供の親達も、やっぱり結婚していない。

Qのご両親は、二人で大きなアパルトマンを買って

二人でこれからの人生をやって行こうと前向きなようだが

Kのご両親は、もう別れてしまっている。

Kはまだ一歳2ヶ月だというのに・・・。

そして、つい最近、裁判で、

一週間ずつKを預かる事が決まったらしい。

今週、ママがKを預かったら

来週はパパがKの面倒を見るという事だ。

でもパパはまだ実家にいるので

実際に面倒を見ているのはパパのお母さんなのだが。

そして、彼らの間は、なんか上手くいってないらしく

先週なんて,ママが私に

パパの週は誰がKの送り迎えをしているのか、と質問して来て

正直に、パパのお母さんだ、と言ったら

「本来ならパパがやらなければいけないと裁判で決まっているのに!!」

とご立腹で

今週の連絡ノートには、ママからパパ宛に

Kがずっと具合が悪いから病院に連れて行け、行かないと裁判所に手紙を送る。

なんていう怖いメッセージが・・・。

私にも、木曜日に、パパがKを病院に連れて行ったか確認の電話をします、

なんて書いてあるし。

・・・直接パパに電話すれば?

それすら出来ないほど仲が悪いってこと?

今朝、Kを連れて来たパパのお母さんは

昨日、ちゃんとKを病院に連れて行ったと私に報告した後

Kが履いてる靴を指差して

「Kのママはこの靴しかアナタに渡してないの?

 こんな靴じゃKがちゃんと歩けないわ。

 今度ちゃんとしたのを買ってあげないと」

と愚痴モード。

・・・諍いは、私抜きにやってくれ!!

でも、考えたら、

Kを毎週預かってる私って

ママとかパパとか、ばあばよりも

Kと一緒にいる時間が多いかも。

最近、Kが私を見ながら「マンマンマンマン・・・」

と、いまにも「ママン」と呼びそうだし。

・・・なんか複雑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

不思議な国のアリスを観に行きました。

といっても、日曜日に行ったので、もう4日もたってるんですが。

日本ではまだ公開されてないのかな?

フランスは、7日に公開されたと息子が言ってますが、ホントかな?

本当は、天気がよかったら、野生のアスパラガスを摘みに行こうと思ってたんだけど

疲れてた旦那が「あんまり天気よくないなあ」とだるそうだったので

そんなヤツは一人で家で留守番させておいて

息子と娘と私だけで映画を観に行く事にした訳です。

8歳の息子は大丈夫だと思ったけど

5歳の娘はどうかなあ、と不安でしたが

3Dの眼鏡をかけた娘はとってもご機嫌で

最後まで楽しんで観てたようでした。

というより、息子の方がちょっと怖がってたかも。

感情移入が強いというか。

アリスが穴の中に落ちて行く間中

「うわ、うそ、そんな・・・!!」

と私の腕にしがみついて悶えてたし。

ティム・バートン監督の映画ってちょっと不気味だから

娘が怖がらないかと心配だったけど

そんな心配は全く無用だったようで

映画が終わってからも、ことあるごとに映画の話をしてくるし

本当に連れて行って良かったと思った私でした。

でも、3Dの映画って普通より高価なのね。

いつもは4ユーロ50サンチームの映画が

7ユーロもしてびっくり。

でもまあ、

3Dの映画を見たのは初めてだったので

やっぱり楽しかったかな。

これからも月に一回くらいは

子供達を連れて映画を観に行きたいと思います。

・・・もちろん旦那は留守番です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

とんとご無沙汰。。。

またまたご無沙汰してました。

もちろん我が家は変わりありません。

実は、アパートを売り出したは良い物の

なかなか売れないし

買いたいアパートは見つかったけど

売れなければ先に進めない、というジレンマで

ちょっと悶々としてました。

が、

買いたかったアパートが値下がりした事で

一気に事が進展しました。

そう、売る前に買ってしまう事にしたんです。

という事は、

銀行に相当なお金を借りる事になる訳ですが

それも仕方ないかなと。

だって、買いたかったアパートが値下がりした事で

私たちが買う前に誰かが買ってしまう可能性大だし。

それだけは避けたかったので仕方ない。

それで、昨日、不動産屋で契約書にサイン。

後は、私たちにお金を貸してくれる銀行が見つかる事を祈るだけ。

・・・見つからなかったら、結局買えないんだけどね。

期間は最大2ヶ月。

どうなる事やら。

・・・その間にうちのアパートが売れれば、全く問題ないんだけど。

そうは上手く行かないかなあ。

で、私が今はまってるフランスのテレビ番組の話。

タイトルは“maison à vendre”。

「売り家」って言う意味です。

この番組では、

なかなか売れない家を紹介して

どうやったら売れるようになるかを専門家とともに検討し

手直しをして売ってしまうというもの。

今日もさっき義母の家に行ってたんだけど

食事の後は私だけテレビに張り付いてこの番組を見てました。

毎回同じなのは、

家の持ち主は結構高めの値段で自分の家を売り出しているという事。

・・・それは私たちにも言えるかも。

不動産屋の助言を聞かないで

高めの値段でアパートを売り出してるんだものな。。。

でも今回アパートの契約書にサインをしてしまった事で

早く売ってしまわないと行けない事態になったので

ちょっと値段を下げる事に同意せざるを得なくなったんですが。

さて、家の値段を下げた後は、問題の箇所を修理。

だいたい、家の壁の色を白く塗り替える事が多いみたい。

個性的な要素を無くして、他人にも近づきやすくするためらしい。

うちの場合、キッチンに問題があるので

早速、火曜日にでも日曜大工の道具を売ってるお店に行って

必要な物を買ってこようと思ってます。

幸い、今週は私は久しぶりのバカンスなので

色々自由に動けそうだし。

もちろん子供達もバカンス中なので

子連れで銀行やら医者やら色々行く所があって

あまり休めそうにないのが憂鬱。

さてさて、

うちのアパートはいつになったら売れるのでしょうか・・・?


blog ranking


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »