« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

研修を半分終えて

今日で10日間ある“子守り”の研修が半分終わった。

いや、正確に言うと

10日間の研修の後に

2日間の消防署での人命救助の研修があるのだけど。

でもその2日間の研修のときに

娘を誰に預けていいのかいまだ決まらず。

義母に頼もうかと思っていたら旦那が

彼女には4日も娘を預かってもらう事になってるんだから

これ以上何も頼むなという。

だからといって奴が仕事を休み気はないみたい。

・・・一体誰に頼めば良いのやら。

今はその事がとっても心配なんですが。

それは置いておいて。

この5日間の研修で学んだのは

この“子守り”という仕事は本当にプロフェッショナルなんだと言う事。

普通子守りと言うと

ただ子供を預かって遊ばせておけば良いと思うけど

そんな物では全然ないのだ。

まあ、私がやろうとしているのは

朝から夕方まで一日中自宅で預かるという物なので

子供の家で2時間預かる子守りと違うのは当たり前。

まず、一日にリズムをつけないといけない。

朝、散歩をするときには

市場やパン屋に行って挨拶する習慣を見せるとかも大事らしい。

そう、フランスではお店に入ったら「こんにちは」と挨拶し

出るときには「さようなら」と挨拶する。

フランスに旅行に来る予定がある人は、

覚えておいてちゃんと挨拶すると店員さんの態度が変わるかも。

さて、その他に私が研修で学んだのは

家にいる時はただおもちゃを与えて勝手に遊ばせるのではなく

子供が何を必要としているのか理解する事を怠らない。

そのための

子供に取って何が大事、必要なのか、という講義も受けた。

子供の食事に関する講義も受けたし

子供を預かる上で自分に慣れるためには

どのような過程を経なければならないか

という講義もあった。

後半では精神科医のコミュニケーションの講義もあるし

契約については一日中勉強するらしい。

・・・はっきり言ってもの凄く大変そう。

でも、やりがいがありそうだし

やる気もむくむく出て来ている。

本当に仕事をする事になるのはまだまだ先みたいだけど

何となく

私がやろうとしている仕事がどういう物なのか、

ということが見えて来た気がする。

明日あさっては研修は休み。

金曜日に行った後は来週の月・火と行ってまた次の週まで休み。

その後もう二日行った後は・・・

消防署の研修。

まだまだ研修に明け暮れる日々が続きそう。

でも私が一番気になるのは。

消防署での研修時に、

誰に娘を頼んだらいいのでしょうかねえ・・・。

blog ranking

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

BodhiZen

Photo_4

友人が協会(団体?組合?)を設立した。

仏語ではassociationなのだけど

日本語ではなんと訳していいのかちょっとわからない。

要するに

心と体にいい事が出来る場所を提供してくれる

という事かな。

そこでは食事も出来るし

料理も習えるし

指圧もしてもらえるし

気功も指導してくれる。

他にももっと色々あったのだけど

もらって来たパンフレットを義母に奪われてしまったので

詳しい事が書けなくなってしまった。

今日はその友人がお昼ご飯をご馳走してくれるというので

図々しく夫婦そろって行って来た。

その料理がこちら。

Photo_5

今日は豆腐づくし。

こんなざる豆腐とか胡麻豆腐とかおからを

ニースで食べられるのはここだけじゃないかしら?

しかもこのお豆腐、すべて手作り。

使っている材料もすべて自然食品で

なんとお米も精米したて。

これで美味しくない訳が無い。

いや、作ってる人が特別に料理上手なんです。

会員になると

こんなランチ(日替わり)が10ユーロで食べられます。

他にもさっき書いた通り

料理を習えたりと色々あったんだけど

家に帰って来たら

子供達を見てもらっていた義母が

「友達が興味を持ちそうだから」といって

もらって来たパンフレットを持って帰ってしまったので

詳しい情報が書けなくなってしまった。

でも奪われる前に住所と電話番号だけはメモったので

興味のある人はこちらまで連絡ください。

BodhiZen
Atelier du Bien-Etre

09-513-514-09

18b Rue Segurane 06300 Nice

旧市街の近くのガリバルディ広場から徒歩2分。

店内も明るくてとても快適です。

Photo_6

さあ、アナタも体にいい事始めませんか?


blog ranking

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

研修一日目

今日は例の仕事の研修に行って来た。

例の仕事とは、「子守り」である。

フランスでは“アシスタントマテルネル”という。

子守りと言うと依頼主の家でするものという観念が強いが

このフランスで発展しつつある“アシスタントマテルネル”は

自分の家で子供を預かるという物だ。

もちろん子供の世話が中心になるが

子供が寝ている間は家事も出来るし

自分の子供の送り迎えも出来るので

この仕事に興味を持った私。

説明会に行って手続きを始めたのは去年の終わりだったが

やっと今日、10日間ある研修の一日目に行って来た。

本当なら私が住んでいるニースでも行われるこの研修。

でも3月の研修は通知が来たのが始まる3日前だったため

娘を預ける人が見つからず

結局4月のグラースでの研修の間

旦那に休みを取ってもらって行く事になってしまった。

ニースからグラースまでバスで1時間半・・・。

今朝は6時前に起きてお弁当を作り

6時40分に家を出て7時5分のバスに乗って行った。

来ていたメンバーはすべて女の人で全部で15人。

先生も女性で、

ま、色々細かい事を話してくれた。

が、

そこで話される事は外では口外しないようにと念を押されたので

ここでは書くのを控える事にしようと思う。

10日間のカリキュラムは

ベビーシッターをするために必要な事がすべて詰まっていて

とても勉強になりそうだ。

一番大変なのは

実は子供を預ける親達との関係だという事も教わり

なんとなく納得。

休み時間には数人のメンバーと色々話せたし

なかなか楽しい雰囲気でやって行けそうなのが良かった。

が・・・。

帰りのバスに乗って少し立って

何やらもの凄く気持ち悪くなり

今にも吐きそうになりながらニースまで帰って来た私。

・・・ずいぶん前に船酔いやらバス酔いやらやった記憶はあったが

こんな風になるのは本当に久しぶり。

・・・夕べよく眠れなくて寝不足だったからかしら?

帰り道で薬局によって酔い止めを買いました。

だってあと9日間バスに揺られなければならないし。

・・・どうか無事に研修がすみますように!!

blog ranking


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

娘とお風呂

うちでは滅多にお風呂にお湯をはらない。

洗い場が無いので面倒だからだ。

お風呂でゆっくり温まった後に

いったんお湯を抜いてから体を洗わなければならないのも嫌だし。

でも子供達はお風呂が大好き。

水遊びの一種と思ってるらしい。

そんな訳で今日も「お風呂に入りたい」とうるさい娘に根負けして

さっき子供達をお風呂に入れてあげた。

そうしたら

なんと息子が5分もしないうちに「出たい」と言いだした。

いつもなら子供達が長々と遊んだ後にお湯を抜き

その後二人を一緒に洗って流して終わり

という風になるのだけど

いきなり息子にそんな事を言われてしまい

でも「まだ遊びたい」と凄む娘をなだめる自信も無いし

結局息子だけ先に出して

後で旦那に息子のシャワーをお願いする事になってしまった。

さて、息子がお風呂場から去った後

何となく娘が退屈そうだったし

私も久しぶりにお湯につかりたくなったので

娘と一緒にお風呂に入る事にした。

二人でお湯の中で色々話してると

娘が突然お話を始めた。

「昔々あるところにイルカがいました」

と始まり

「小さな男の子にあって一緒に遊びました」

と続き

「でもアプリコットを食べたのでチョウチョになってしまいました」

と終わる。

時には主人公は亀だったり

魚だったりバケツだったり紙だったり。

ありとあらゆる物を使ってお話を作るので

思わず

「すごいねえ。才能あるねえ」

とほめたら

「そう。私ってすごいよね」

と自画自賛。

その後も延々とお話を続けてくれたんだけど

いい加減、娘の顔が茹でダコのようになってしまったので

ドクターストップ。

でもお風呂を出た後も

「私のお話聞いて」

と旦那に迫り

そのめちゃくちゃなシチュエーションの物語に旦那も苦笑い。

今は大人しくリンゴをほおばってる娘。

でも食べながら

「私ってお話作るの上手いよね」

と笑いながら話しかけてくる・・・。

食べ終わったらまたお話を聞け、という事なんでしょうかね?

子供をほめるのも楽じゃないですわ。。。

blog ranking


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

友達作り

先週はずっと雨続きで

せっかく息子の学校がバカンスに入ったのに

外に出られない状態だったので

今週はやっと晴れてくれた事もあって

朝は出来るだけ公園に行くようにしている。

最近は娘も他人と関われるようになったので

私はベンチに座って遠巻きに子供達を見張っているだけで良くなったのが楽だ。

が、

今日、新たな問題が。

どうやらうちの息子、

友達作りが下手らしい。

いつも行く公園で、いつもいる男の子達と遊ぶのだが

彼らが帰ってしまったあとは

とても暇そうにしているのだ。

「別の子達と遊んだら」

と言っても

見ていたらのけ者にされてたり

そのせいで泣いたりする有様。

こういった事には

親が介入してもうまく行かないと思うので

私は結局どうにもできないまま

見ている事しか出来なかった。

明日も晴れたら公園に行く予定だけど

また息子が一人で拗ねるような状態にはなって欲しくないので

別の公園にでも行ってみようかな・・・。

親としての心配って

次から次へと出てくる出てくる。

今回のバカンス前に

通知表をもらったのだけど

評価は「よく出来ました」が多くてほっと一安心。

でもよく見たら一つだけ「出来ない」を発見。

しかも、それは「計算」だったので

休みに入ってからことあるごとに息子に

「○+○は?」と問題を出し続けている。

ようやく最近簡単な問題なら答えられるようになり

次の評価で「出来ない」なんて書かれる事は無いだろうと思うのだけど

相変わらず授業中にはおしゃべりが多いようだし

学校での心配もまだまだ続きそう。

せめて友人関係はうまく行ってくれると良いのだけど。

9月から娘が幼稚園に通いだしたら

そんな心配も2倍になったりするのかしら・・・。


blog ranking

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

久しぶりのモナコ

今日は久しぶりに晴れたし

息子もバカンス中なので

モナコに行く事になった。

別にどこでも良かったんだけど

旦那が、モナコにある日本庭園に行ってみたいというので

朝、バスに乗って行って来たのだ。

モナコに日本庭園なんて面白いけど

本当にある。

行ってみると、入り口のところに桜が咲いていて

日本人の私はちょっとうれしかった。

Nihon1_2

中もこんな風に日本風。

Nihon2


Nihon3

旦那は嬉々として写真を撮ってたけど

子供達は・・・

Kodomotachi

まあそれなりに楽しんでたようでした。

日本庭園を後にして

次はやはり王宮へ。

Oukyu

モナコはとても小さな町(国)なんだけど

坂は多いし

今現在5月に開催されるF1レースの準備をしているため

町中がとても歩きづらかった。

日本庭園から王宮まで結構な道のりがあって

しかもうちの子供達が

「お腹空いた」だの「疲れた」だのとうるさかったので

かなり疲れました・・・。

モナコという町は

とてもセレブなイメージがあると思うのだけど

町自体ははっきり言って魅力的なところではありません。

だって、これだもの。

Monako

誰かに言わせると

日本の熱海みたいらしい。

熱海に行った事が無いから私にはよくわかりませんが。

でも税金が無いからやはり金持ちは集まるみたいで

物価もとても高かった。

お昼にカフェで食べたクロックムッシューとか

王宮の近くで買ったジュースとか。

・・・もう当分は行かないだろうな。

帰りは確実に座れる電車で帰って来たけど

家に着くともうぐったりでした。

一日中歩き回ってたものね。

息子も「疲れた」なんて言いっぱなしだったけど

よく歩いたなあと感心。

でも、実は一番大変だったのは

やはりこの人、

Kata

15キロの娘をずっと肩車してた

うちの旦那でしょうか。

・・・お疲れさまでした。

blog ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

今日の子供達

Kodomotati_2

昨日から息子の小学校は10日間の休みに入った。

だけど生憎の雨で

今日も近くのスーパーに買い物に行っただけ。

本当なら今日の午後、義母がうちにくるはずだったので

その時を今か今かと待っていた子供達だったのだけど

いつまでたってもやってこないので

私が電話をしてみたら

今日はちょっと疲れているので明日にする

と言われてしまった。

息子は義母と電話で話して

「じゃ、明日待ってるから」

とあっさりした物だったが

娘に受話器を渡そうとすると

今日はおばあちゃんはやってこないと理解した娘

頬を膨らませて拗ねてしまった。

「明日はちゃんと行くから」

と言う義母との電話をきった後

ふくれた娘の機嫌を取るためにアイスクリームをあげるはめになってしまった。

最近とっても寒いのだけど

ここのところの石油の値上がりで暖房が止まってしまい

仕舞ってあった小型の暖房機を出して難をしのいでいる我が家。

夜寝るときにも

子供達が布団をはいでしまうので

パジャマの上にセーターを着せて寝かせている。

数日前からやっと

娘が一人で自分のベッドで寝てくれるようになり

それはとても助かってるのだけど

夜中にたまに目を覚ますので

朝までぐっすり眠る事はまだ出来ない私。

幼稚園に行くようになったら

息子みたいに夜中に一度も目を覚ます事無く

眠ってくれるようになるかなあ?

なんにしても待ち遠しい!!


Musume

blog ranking

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

初めての胃カメラ

さっき、胃カメラを飲んで来た。

昨日、私の胃がチクチク痛み続けていたので

重い病気ではないとわかったにもかかわらずとても怖くなり

電話ですぐに診てくれる専門医を捜し

今朝の9時に予約を取って行って来たのだ。

そこでどこかのクリニックを紹介される物と思っていたのだけど

昨日電話したときに

「朝何も食べないで来てください」と言われたので

もしかしたら、と期待して行ったら

やはり、その場で胃カメラを飲まされた。

先生は「全然痛くないから大丈夫ですよ」なんて言ったけど

それは全くの嘘。

何度も嘔吐いてそれはもう苦しかった。

が、その結果、

全く異常なし。

ま、異常がないのは先日のエコグラフィーでわかっていたので

あらためてわかって安心したのだけど。

でもだったら私のこの胃の痛みは一体・・・?

かかりつけの先生に「ばい菌が原因かも」と言われたと言ったら

「ばい菌は誰にでもいる」と教えられた。

でも、一応ちゃんとした原因を知るために

血液検査をする事になり

ここ一年ほど糖尿病の検査もしてなかったので

ついでにその検査もする事になった。

朝ご飯を食べてないので好都合だと思い

専門医を後にした後すぐに採血をしに行って

買い物をして帰って来たら

旦那と子供達がにこやかに迎えてくれた。

そう、今日は旦那は仕事を休んだのだ。

検査に子供二人を連れて行くのは大変だから

と彼なりに心配してくれたらしい。

今日は朝から小雨が降ってたし

最近またとっても寒いし

外で仕事をしてる奴にはつらかったから

というのが本当の理由かもしれないけど

一応ちゃんとお礼は言っておいた。

なんしても

今日の検査で私の胃は何ともないとわかって

本当にホッとした。

でも実はまだちょっと胃が痛む。

でももしかしたらこれは

心理的な物だったのかな、

と思わなくもない私。

ネットで色々調べたのも絶対に良くなかったと思う。

これからは、どこか体の具合が悪くても

絶対にネットで調べたりしない事にしようと

今回の一件で固く決心した私なのでした。


blog ranking

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

心配性

最近、胃の調子が悪くなった事は

ちょっと前の日記にも書いた。

医者に行ったら「ストレス性胃炎」だろうと言われ

処方してもらった薬を2週間ほど飲んだのだけど

なんだか胃の調子が良くならない。

たまに痛いし

何より変な違和感がある。

ムカムカして吐き気もするし。

それでまた同じお医者さんのところへ行ってみた。

そうしたら

専門医に見せた方が良いだろうという事になり

手紙を書いてもらった。

手紙を書いてくれるのなら

先生が予約を取ってくれれば良いのだけど

そこはフランス、

どこまでもアナログだ。

家に帰って早速その専門医のところへ電話してみると

なんと、ただいまバカンス中。

帰ってくるのは10日先。

仕方なく10日後の予約を取っては見たのだが

なんだか不安でしょうがない。

だからなのだけど

よせば良いのにネットで自分の症状を調べてみた。

ら・・・。

何やら怖い病名が・・・。

読めば読むほど自分に当てはまるような気がして

もういても立ってもいられなくなり

土曜の午後に救急の医者のところへ行ってしまった。

でもそこに行ったからって

別にその場で胃を調べてくれる訳でもない。

結局また専門医かかるように言われ

違う専門医の名前を教えてくれたのだけど

今朝、その専門医に電話をしてみたら

10日先まで予約でいっぱい・・・。

いつもいつも思うのだけど

痛い思いをしてる人が予約がとれなかったために

手遅れになる事ってフランスでは多いんじゃないかしら!?

ま、私の場合はちょっと痛いだけで

あまり焦ってはいないのだけど

でもやはり怖い病気で手遅れになったりしたら、

一体誰が責任を取ってくれるのよ!!

実は昨日は心配で心配で

そのせいで胃が痛いくらいだったし。

でも今朝、

最初の医者に腹部のエコグラフィーをするように言われていたので

息子を学校に連れて行った後行って来たのだけど

結局、何にも異常なし。

ガンとかそんなような怖い物はいっさい見つからず。

なので、私のこの痛みや吐き気は

機能の問題なのだろうと言われた。

実際、一般医に見てもらったときも

もしかしたら何らかのばい菌のせいかもしれないと言われていたのだ。

でも、とりあえずほっとした。

しかし、やはり心配な事は心配なので

バカンス中の医者のところへ電話をかけ

もう一人の医者の世話になれないかと泣き言を言ってみたら

(こちらでは数人で同じ診察所を持ってる事が多い)

木曜の午後に見てもらえる事になった。

初めての先生だけど

とにかく本格的に胃を調べてもらわない事には

どうしても落ち着かない。

でも、専門医のところに行っても

終わりな訳では決して無い。

どこかのクリニックで胃を調べるように予約を取ってもらえるだけだ。

どこまでもややこしいフランスの医療制度。

こんなことで良いのか・・・?

blog ranking


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

土曜は一人で・・・

何をするかと言うと、買い物。

2週に一度の土曜日には

旦那が子供達を連れて友人宅へ行ってくれるので

その間に掃除をしたり買い物をしたり。

やはり子供がいないと事がスムーズに運ぶので

集中して出来ていいのだけど

なぜか損をした気分になる私。

せっかくの一人の時間を家事に費やすなんて・・・。

でも、ここのところの物価上昇もあるので

一人でカルフールまで買い物に行けるのは助かる。

やはりお値段が違いますし。

なので今日もさっき

一人で歩いてカルフールに行って来た。

帰りは重い荷物を買い物キャディに積んで

やはりとことこ歩いて帰って来て

荷物を片付けた後は洗濯物干し。

やっと終わってこうしてPCに向かっている訳だけど

どう考えてもあと5分くらいで旦那と子供達が帰って来てしまう時間。

帰って来たら子供達にお昼ご飯を食べさせて

終わったらきっと

旦那は昼寝を始めてしまうのだろう。

という事は。

・・・今日も私がゆっくり出来る時間なんてないのさ。


blog ranking


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

息子の給食

フランスの小学校では、

生徒全員が給食を食べれるとは限らない。

うちの息子も私が働いてないという理由で

これまで一度も学校で給食を食べた事は無い。

長い夏休みの間に行っている夏期学校では別だけど。

でも、この度、私が仕事の研修に行く事になり

めでたく息子も給食が食べられる事になった。

・・・私の研修の間だけ。

結局私は研修のために

ここからバスで1時間半もかかるグラースに行く事になった。

往復3時間。

朝7時のバスに乗らなければならない。

でも・・・実は少し楽しみだったりする。

だって、

子供達から解放されるのだもの!!

これまでどうあがいたって

一人きりになれる時間なんて持てても2時間程度だった。

それが、10日間の間

研修でやらなければならない事はあるけど

丸一日解放されるのだ。

しかもバスに乗ってる3時間は自由にできる。

本を読んだり音楽を聴いたりボーッとしたりし放題!!

しかも1時間半もバスに乗るのに

料金がたったの1ユーロというのもうれしい。

その研修が始まるのは4月22日。

間に祝日があったり

水曜日には研修が休みだったりするため

結局研修は3週間かかってしまう事になる。

旦那は2週間しか休みが取れないので

最後の一週間は義母に3歳の娘の世話を頼んだ。

でも、

晴れて息子が給食を食べられる事になったので

旦那と義母の負担は最小限。

私もあまり心苦しくない。

もちろん、研修後はまた息子は家で昼食をとる事になるのだけど

私に仕事が見つかり次第

給食復帰が出来るらしいので

もう頑張って仕事を見つけるしかないでしょう!!

・・・本当に早く仕事が見つかると良いな。

blog ranking


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

映画館デビュー

今日、

3歳の娘を初めて映画館に連れて行った。

もちろん6歳半の息子も一緒。

見に行ったのは、2歳の子供から入れるという

子供向けの短い映画の4本だて。

全部で40分ほどだったので

全く問題なく映画を見てくれたのがうれしかった。

映画と言っても

テレビでやっているアニメのような物ではなく

絵本を動画にしたような感じで

子供達も絵本の読み聞かせをしてもらってるよう感覚で見れたのかも。

映画館は結構広くて

子連れの家族がいっぱい来てて

それでも映画の間はほとんど声を出さずに

みんながお行儀よく見ていたので

それにも感心してしまった。

娘は初めて映画館に入ったので

最初は館内の暗さにちょっとビビり気味だった。

おまけに

椅子に座ってちょっと立ってから

いきなりもの凄い轟音が聞こえて来て

後ろにいた小さな男の子は泣き出してしまうし

うちの娘も「帰る・・・」と抱きついてくる始末。

きっと音声の調整か何かしてたんだろうけど

小さな子供がいっぱいの映画館でそんな音を出すなんて

・・・わざと?

と思わないではいられませんでしたわ。

そのせいで初めは私の膝に座ってみていた娘も

3本目を見る頃には自分から席に戻ってくれたし

終わるたびに拍手も一生懸命してたし

それなりに楽しんでくれたみたい。

帰りには子供達にチョコレートのお土産もあり

もらってすぐにむさぼり食っていたうちの子達。

Omake

今回のこの映画は特別らしく

たびたびある物ではないようなのだけど

もし次回があるようなら

またぜひ連れて行きたいと思った私でした。


blog ranking

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

四月の魚

Poisson1_3

今日は日本ではエープリルフールですが、

フランスでは“四月の魚”といいます。

世界各国共通なのか

フランスでも唯一嘘をついていい日みたい。

まあ、この歳になると別に

誰かをだまそうなんて言う気にはなりませんが。

それよりも私が面白いと思ったのは

息子を学校に連れて行く途中にあるチョコレート屋さん。

ここでは季節によって色んなチョコレートが並ぶのだけど

少し前から“四月の魚”チョコが姿を見せてました。

Pois2_2

このように色んな魚のチョコレートが。

ちなみに真ん中のチョコは「魚のフライ」チョコ。

手前にあるのは

Poi2

「ピエロの魚」チョコレート。

なかなか面白いですよねえ。

でも、私が一番笑ったのはこれ。

Pois3

なんと、

「イワシの缶詰」チョコレート。

・・・誰か買う人いるのかなあ?


blog ranking


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »